空室防止対策で安定した賃貸経営を。

空室防止対策とは、「入居者になるべく長く入居してもらうための退去防止対策」のことを指します。賃貸経営を行う方の収入源は、入居者から支払われる家賃となるわけですので、空室期間が長引き、家賃が入らなくなるとオーナーには大変大きな打撃となってしまいます。
一方、賃貸借契約は、通常は2年間の契約ですので、入居者に更新してもらえば、更新料収入を得ることができます。つまり、賃貸経営を安定的に行う上では、どのようにして満室を作り、その状態を維持できるのかどうかが非常に重要になるわけです。管理会社であるからこそ、そこに住む入居者様のニーズを知り尽くしていますので、退去防止対策を打ち、オーナー様の賃貸経営を長くサポートします。弊社の退去防止対策をご紹介いたします。

対策1 | 在宅ハウスクリーニング

更新していただける入居者様のキッチン・水周り等のハウスクリーニングをオーナー様の費用で施工します。更新をするか検討していた入居者様にとっては、入居中に受けられる嬉しいサービスということもあり、お部屋を更新する理由にもなったとの声を多くいただいております。

対策2 | 入居中に設備投資

入居者様が退去されたタイミングで、室内の設備投資(更新)をお考えのオーナー様が大多数かと思われますが、入居率が高いときほど、次の一手を打つことが大切です。エアコンの故障は夏場に集中します。この時期に故障してしまうと修理に1週間はかかってしまい、その間入居者様は我慢をしなければなりません。不満を理由に退去とならないためにも、故障する前に新品へ交換すると、入居者様の満足度のアップに繋がります。給湯器は、ファミリーでお住まいの物件で特に追い焚きの設備が無い場合は、入居中に追い焚き設備に交換すると、入居者様に喜ばれ長くお住まいいただくことができます。費用については、弊社独自の「設備リース」もご利用できますのでご相談ください。

対策3 | 防犯対策

最近の入居者様のニーズとして、防犯対策は上位になってきています。特に、女性や小さいお子様のいるファミリー物件の場合は、入居中に普通のインターホンから録画機能付TVモニターホンに交換することで、入居者様の満足度アップに繋がります。また、エントランスや共用廊下、テラス等にも防犯カメラを設置すると、さらに入居者様の安心度が向上し、退去抑止に繋がります。

対策4 | 共用部の清掃

巡回清掃により建物を美しく保つ事も入居者様の住み心地の満足度アップに繋がります。弊社は、巡回清掃業務の専門部署である「建物メンテナンス係」を設置しており、ご契約を頂いた建物の巡回清掃を実施しております。作業員へは、弊社規程の清掃作業を指導しており、また、建物内でお会いする全ての方へ挨拶を徹底するよう教育をしております。定期的な巡回清掃は、入居者様とコミュニケーションが図れるだけでなく、防犯対策にも繋がります。
尚、定期的な植栽剪定作業も別途ご契約で承っております。

詳しくはこちら 

   管理のご不安   

    空室改善    

    相続対策    

  初めての賃貸経営  

「賃貸経営サイトを見て」とお伝えください。
TOP ▲